法律の制定

生涯学習は全国的な展開をしています。生涯学習に関する法律ができているくらいですから、簡単に生涯学習を開講することはできません。生涯学習振興法という名前の法律で、国や都道府県の生涯学習に関する役割についての取り決めがされています。生涯学習を行う目的は、学習意欲のある人に学習の場を与えることにあります。すべての人に学習の機会が与えられなければなりません。そのためには、自治体は情報収集を行い、整理していく必要があります。これは自治体だけで行えることではありません。地域の企業の協力やNPO団体、ボランティアの協力が重要です。生涯学習のもつ意味は、今後ますます重要になってくるでしょう。少子化の今、高齢化社会が進むにつれ、定年退職後の時間の持ち方が少しずつ変化しつつあります。こういった人たちの活躍の場としても生涯学習はとても意味のあるものとなります。生涯学習を行うことで、住民の意思意欲の向上がなされ、自治体の活性化が進むことになるのです。お互いに協力し合うといういい関係も築かれることでしょう。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。