協力

ボランティアと生涯学習は自らの意思で行うという共通点があります。ボランティアは自らもつ能力や技術を無償で提供し、社会に貢献しようとする行為です。ボランティアは様々な場所で活躍しています。災害現場では、ボランティアなしでは細かいところまで手がまわりません。ボランティアの人に助けられた人の多くは、自分もいつかボランティアとして役に立ちたいと思うことがあるようです。そうして、ボランティアの活動は自然と広がっていくのです。ボランティアをする人は、提供することですが、逆に受け取るものもあります。インプットしたものをアウトプットすることで、より強い知識となるのです。この場合の知識とは、責任感とか感謝する心といったような、人としての成長の意味も含まれています。そして、ボランティア活動以外のところでも、活用されていくのです。また、ボランティア活動をするために生涯学習があるのかもしれません。ボランティアをするためにも知識が必要なものもあるのです。そこで学んだものをボランティアで活かし、その輪を広げていくことにもなるのです。生涯学習は地域が住民に対して行える根っこの部分といえるかもしれません。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。