今後の展開

では、生涯学習は今後どのような 展開をみせるのでしょうか。その基本方針は国が行うことですから、世界各国での取り組みを参考にしながらきっと良い方向へと進んでいくでしょう。そして、国の施策をもとに、各自治体はそれぞれの実情を交えながら進めていく必要があります。生涯学習は、地域に根差したものでなければ意味がありません。そして時代背景も大いに関係してきます。決して押しつけではいけないのです。住民側からの学びたいという意思により、学ぶものなのです。団塊世代が定年退職を迎えるに当たり、彼らの生涯学習はの場を提供することも考える必要があります。このように、常に、時代の流れに沿ったサービスの提供が大切なのです。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。