熾烈な中学受験

以前では小学校から私立中を受験するというのはとても珍しく学年でも何人もいませんでした。しかし今は少し も珍しいことではありません。ですから中学受験のための塾もたくさん出来ました。大手の学習塾は大抵中学受 験と高校受験の両方をあつかっています。四谷大塚や日能研などは中学受験にターゲットをしぼり能力別の徹底 した指導をしています。しかし上位校を受験するつもりがなかったり能力別のシビアさについていけなかったり する児童もいます。そこで中堅私立校を主に目標とする塾も当然あります。だいたい私立受験は小学校四年生か ら準備する児童が多いのですが、私立を目指す家庭は学習塾ごとの合格者の実績をみてどこの塾に入れようか検 討することになります。そしていくつか体験入塾をしたりして子どもの性格にあった塾にはいることになります。 まだ遊びたい盛りの四年生から勉強させるのはとても大変です。もうある程度自我がしっかりしている中学生の 高校受験と違って中学受験が「親の受験」といわれる所以です。ですから親の方針や要求にみあっているかも中 学受験塾を選ぶおおきな要因です。中学受験塾はいかに保護者の希望にきめ細かく応えられるかを非常に重視し て塾の運営をしています。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。