高校受験

高校受験をする際に塾に通った経験のある人も多いでしょう。昔は大手のチェーン展開しているような塾はあま りなかったのですが近所の大学生が開いているような寺子屋塾はたくさんありました。公立高校受験は基本的に は教科書にあることしか出ないわけですから、家で勉強して受験する子もたくさんいまいしたし、塾通いをして いる生徒も今ほど多くはなかったのです。当時「つめこみ教育」といわれ今よりもっとタイトな時間割で沢山の カリキュラムが組まれていました。ですから公教育も結構な学習量だったのです。しかし現在まで行われてきて いた「ゆとり教育」は「つめこみ世代」の保護者に公教育に対する不信と不安を持たせました。そこで学校に求 めずに塾に学力の向上をゆだねるようになったのです。高校受験に関しても、埼玉県などは公立中学が昔から行 ってきた業者のテストを中学校内で行うことを廃止したため、中学校サイドでは生徒の全県偏差値が把握出来な くなりました。したがって私立高校受験の受験指導はほぼ不可能となり、県立高校の受験指導は内申書を中心と した指導にならざるを得ず、困った保護者は結局学習塾に情報提供と受験指導を頼るようになったのです。 そこで高校受験の成否は塾選びにかかってくることになります。とくに上位校受験には生徒にみあった塾選びが かかせません。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。