チェーン展開

三月になると新聞の折込に各大手の学習塾が宣伝チラシをいれています。○○高校に○名合格!とか××高校合 格率№1とか派手に名前をのせたりして宣伝しています。しかし当然ながらひとつの塾舎からの合格ではなく、 チェーンしている○○駅前校のも××本校のもトータルの数字なのです。実は同じ大手の塾とはいえ塾舎によっ て実績にはかなり開きがあります。ひとえに指導力の差と言ってしまえばそれまでですが、どの塾舎も全て有能 な人材を配置するというわけにはいかないですから、中には人事異動で塾舎を移るカリスマ講師に生徒もくっ付 いて移動してくるなんてこともあるようです。使っているテキストもシステムも全部同じですが、塾長や講師陣 によっては違う塾かと思うほど成果に差があるのです。これは在籍生徒の口コミや実際に入塾してみないと判り ません。ですから大手の塾にいれたからもう後は安心、全部おまかせしましょうというのは早計です。塾に払う 月謝は決して安いものではありません。そして学校ではないのですから、とうぜん選ぶ権利は生徒側にあります。 この塾では成果が出ないとかんじれば、ためらわず他の塾舎に移るか他の塾に行けばよいのです。塾側も必死に かんばしくない塾にはてこ入れの講師を寄越したりしていますが、やはり過当競争の学習塾業界です。 親同士の口コミは非常に重要な宣伝効果ですし逆もまた非常なダメージです。辞めるなどというとしつこく慰留 されたりするというのは良く聞く話です。塾長も本部からの評価がかかっているので必死にひきとめるのです。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。