集団?個別?

学習塾の授業形態には集団授業と個別授業があります。集団授業はまとまった人数にたいして授業を行う形式で だいたいは成績別にクラスを編成していることが多いです。個別は二人ないし一人に対して講師が一人ついて家 庭教師に近い形のシステムです。お友達と楽しく授業を受けたいという子やライバルを持って切磋琢磨したいと いう生徒には集団が向いています。個別は、もう既に出来ている集団に後から入りたくない、という子や学習が 著しく遅れている、又は進んでいるという子にむいています。料金はやはり個別のほうが割高です。ひとコマで いくらで、週何回という取り方をさせている塾が多いので、苦手な学科だけ、とか集団にはいっているけど、こ の学科はもっと伸ばしたいという時に使う生徒もいます。個別は家庭教師を雇うにはお金がかかるし家にも入れ なくてはならないので気を使うという家庭にも向いています。塾の施設、たとえば自習室や資料室、そして塾の 進路指導ももちろん使えるので、個別は割高ではありますが人気があります。大抵どこの塾も個別が併設されて いますが、明光義塾のようにはじめから個別に特化している塾もあります。このような塾は他にもたくさんあり、 お友達と一緒に入塾して割引されるとか得点をつけたりするところもあります。講師も合わなければ申し出れば 変更がきくところがほとんどですし、家庭教師と塾のいいとこ取りでしょうか。マイナス面もあります。 集団クラスはいわば塾の顔ともいえる講師が授業を行いますので、子どもたちを授業にひきつけるテクニックや 指導力に秀でた講師があたります。しかし個別は人数を確保しなければいけないために学生のアルバイトがあた ることも多いのです。もちろん優秀な大学生もいますが指導力という点では経験に乏しいことがあります。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。