期待すること

学習塾を選ぶといってもそれぞれ何を目的にしているかによって違います。補習してもらいたいのか、難関校を 受験したいのか、普通程度の高校に入れてくれればいいのかそれによって変わってきます。 まず私立中学の受験ですが、近所の公立中学が荒れていて心配だからきちんとした校風の私立であれば偏差値は 良くなくてもかまわない。となれば近所の大手の学習塾の中学受験コースで充分でしょう。近所にあればまめに 様子も聞けるしお迎えも楽です。難関私立中を狙うならやはり中学受験専門の最大手の塾を選んだほうがよいと 思われます。まず徹底した能力主義ゆえに子どもの真の実力がわかり、中堅塾にありがちな「背伸び受験」を せずに済みます。大手のチェーン塾や中堅塾は進学実績をあげるために「数打ちゃ当たる」方式で少しでも可能 性がありそうな子にはおだててチャレンジ受験を進める傾向があります。それは子どものためにならないだけで なくいらぬ挫折感を与えることにもなります。高校受験もだいたい同じですが、中学生はもう自我がはっきりし てきています。本人がどれだけやり切れるかが重要なので本来ならどこの塾でも情報さえ正確ならば構わないと いうことになります。どんな塾に行ってもやる子はやるのです。失敗したあとにあの塾だったら合格していたか もとか、あの塾にしたのは失敗だったとよく聞きますが、恐らく合格する子は塾に行っていなくても自力で合格 できたであろうし、残念だった子は勉強をやりぬくことが出来なかったということだと思います。塾に期待して よいのは、受験に関する情報の提供。子どものオアシスになってもらうこと。プラスモチベーションをあげてく れるなら御の字というところでしょう。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。