内容

生涯学習は地域の活性化に一役かう存在です。学習したことを、活かすことが大切です。その場所もまた自治体が用意するべきです。そうすれば、直接は関係なさそうなことでも必ず役に立つのです。それは自治体だけではありません。学習した本人の自信につながります。学習したことを仕事に役立てることもできます。そこまで求めなくても、趣味の範囲でも構いません。とにかく学びたいという意欲があればいいのです。それは押し付けであっては意味がありません。そのために自治体が主体となって進めていかなければなりません。その基となっているのが国の仕事です。自治体によって、格差がでないように指針を示すのです。生涯学習は、それ自体が直接住民の重大事項とはならないので、軽視しがちですが、結果はとても大きなものを得ることができます。そこが重要なのです。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。